« 16日は母の命日 | トップページ | 締切 »

2006年11月18日 (土)

「硫黄島からの手紙」舞台挨拶

今日は「硫黄島からの手紙」大阪試写会に行って参りました~(^v^)
何時から行こうか悩んだ挙句、早く行くに越したことはないだろう!と思い、なんと3時間半前に行きました。
するともうそこにはたくさんの人が並んでいて・・・大変ビックリしました。
でもギリギリ建物の中で並ぶことが出来てよかったです。あと数分遅ければ吹き曝しで何時間も待つことになっていましたからね~(^_^;)
大半の方が外で並んでいらっしゃって本当に気の毒でした・・・。
でも早く来た特権ですもんね!
一人寂しく何時間も待つことを覚悟して行ったのですが、近くに並んでいた方たちと仲良くなりまして、楽しくお話していたら勝手に時が過ぎました(*^_^*)若い学生さんたちや主婦の方々、加瀬君ファンの方、話してくれた方々本当にありがとうございました。途中ワンセグでぷいぷいを見せてくれた方もありがとうございました。いい人ばかりで大変心が和みました。
でもワタクシ話しすぎたかなぁ・・・(-"-)とちょっぴ自己嫌悪。軽く自慢になってしまったような気がして、言わなきゃよかったと後悔中です。

舞台挨拶は「あっ!」という間でしたよ。
噛み噛みの司会者さん(笑)に紹介されて登場して、一通り挨拶した後、記者用に記念撮影があって終了。
あれ!?もう終わり?って感じでした(^_^;)
でもニノは可愛かったなぁ・・・。目が本当にキラキラなんですよ!何であんななんだろう?

映画内容はやはり重かったです。
後半に差し掛かると私は泣けて仕方がなかったです。今でも何だか頭がガンガンします。
まだ観ていない方がほとんどだと思うのでネタバレはしません。
ただたくさんの方に観てもらって、それぞれが何かを感じて欲しい。どこかで聞いたような言葉ですが、心からそう思いました。

ニノが記者会見で言っていた「あそこもない・・・ここもない!あ!結構ねぇ!」のシーンは、西郷が目が悪いという設定のことでしょうか?ニノがコンサートのMCで言っていたのですが、そのようなシーンが一切ありませんでした(^_^;)とある方のブログニは、加瀬君のインタビューで「実は、僕は、二宮くんが、夕日がキレイだとか、女性の肌の柔らかさや、赤ちゃんのことを語るというのがあって、そのシーンが好きだったに、カットされていたんです。」と、話していました。とありました。きっと本当にたくさんカットされていたのでしょうね(^_^;)残念。

そういえば堤監督がいらっしゃってました。
あと携帯の電源切っていない人多すぎです。本当に頭にきましたね。映画や舞台を観るのに携帯の電源切るのは常識でしょうが!とここでキレても仕方がないのですが(-"-)

ちちんぷいぷいも可愛かったぁ~(*^_^*)
加瀬くんも素敵です。「きょとんとした」話は初耳で嬉しかったです。

今日は色々満足です。いい一日でした。未だに頭がガンガンしますけどね(^_^;)

|

« 16日は母の命日 | トップページ | 締切 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 16日は母の命日 | トップページ | 締切 »